軽自動車 住所変更

車庫証明が不要な軽自動車の住所変更手続き

軽自動車でも、引越したときには住所変更の手続きが必要ですが、普通車と異なり、軽自動車検査協会への申請となります。

軽自動車の所有者、使用者の住所が引っ越しなどにより変更となった場合には、軽自動車検査協会に、住所変更の申請をしなくてはなりません。

住所変更申請は普通自動車とほとんど同じですが、車庫証明だけが異なります。

まず、必要書類は、変更申請書、軽自動車税申告書、住所を証する書面、現在の車検証です。

変更申請書と軽自動車税申告書は、軽自動車検査協会で入手するものですから、事前に入手して、書いていく必要はありません。

住所を証する書面としては、住民票、または印鑑証明書のどちらかが必要です。

免許証は住所を証明する書類として扱っていないとのことですから、要注意です。

これらの書類を用意して、新しい住所地の管轄をしている軽自動車検査協会へ申請します。

手数料は無料。

新しい車検証は、即日発行されますから、手続きに必要なのは、たった1日。

サラリーマンの方でも、比較的自力で申請しやすいといえるかもしれません。

さて、お気づきのとおり、必要書類に車庫証明書がありません。

軽自動車の住所変更手続きには、車庫証明が必要ないのです。

これが、手続きを短時間で済ますことができる最大のポイント。

軽の場合は「保管場所届出」といって住所変更後に届け出る書類があるのですが、これも届出が必要な地域と、必要ではない地域があります。

軽自動車の住所変更は、普通乗用車と少し異なる点がありますが、引っ越したら住所変更をするのは同じ。書類が少ない分、自力で申請しやすいとも言えそうです。