車を売る

引越し前に車を売る

引っ越しの際の費用や輸送費を考え、車を売却することを考える方もいるでしょう。

ちょうど車を買い替えたいと思っていたところだから、売るという方もいると思います。

引越し前に車を売るときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

引越し前に車を売るなら、いつまでに売却するのかをしっかり考えること。

あまり高額な希望額を考えていると、希望の金額の査定額が出ず、売却できずに
引っ越すことになりかねません。

売ることが優先なのか、金額が優先なのか、はっきりさせておきましょう。

売ることを優先した場合、複数の車買取業者に見積もりを取って、一番高い査定額を
つけてくれたところに売ってしまうのがベスト。

「もう少し高くなるかも・・・」と思っていると、売り損ねてしまいます。思い切りも、大切です。

そして、後々の手続きで、もたつくことがないように車の売却に必要な、
印鑑証明書や車検証、自動車検査証、自動車納税証明証、自賠責保険証、リサイクル券など
必要書類を揃えておきましょう。

更に車検証の住所と印鑑証明書の住所が一致しているか、確認しておきます。

もし、一致していない場合、「戸籍の附票」というものを取って置くと便利です。

戸籍の附票は、戸籍のある自治体で取ることになります。

郵送でも請求できますから、問い合わせてみるといいでしょう。

ただし、戸籍の附票は、証明書類として使える期限が、発行日から3ヶ月ですから、
早く取りすぎてもダメです。

引越し前に車を売るなら、転居先に持っていかない覚悟で査定額に折り合いをつけることも必要です。
また、忙しい引っ越し前の手続きがスムーズに進むように、必要書類を整えてことをお忘れなく。

引っ越し後に車を売却

引っ越しを気に車を買い替えようと思っている方の中には、引っ越してから新しい車を探し、 あわせて今乗っている車を売却しようと考えている方もいるでしょう。

この場合、時間にゆとりがありますから、新しい車をゆっくり探すこともできますし、 車の売却のほうも、余裕を持って対応することができるでしょう。

必ず必要になるのは、住民票、もしくは戸籍の附票

引っ越したことにより、車検証上の住所と現在住んでいる住所が異なっていますから、車を売却するとき、売主と持ち主が同一であると確認するために、車検証の住所から現在の住所へのつながりがわかる住民票が必要となります。

転居前の住所と車検証の住所が同一であれば、現在の住所の住民票を取れば、「○○より転入」という部分で、つながりがわかりますから大丈夫です。

車検証上の住所が前の前に住んでいた場所の住所の場合には、「戸籍の附票」を取りましょう。

戸籍の附票とは、戸籍に記載されている人の住所が歴々と記載されているもので、住民票が移動になるたびに、自分で手続きをしなくても、役所のほうで記載の手続きをするものです。

本籍移動をしない限り、ずっと記載が続きますから、前の前の住所でも、4回前の住所でも記載されているため、車検証上の住所から現在の住所までのつながりを証明するためには、とても便利なのです。

戸籍の附票は、本籍のある自治体に請求できますから、問い合わせてみるといいでしょう。

住民票があるけど、本籍地ではない自治体では、取ることができませんから、気をつけてください。