免許証 住所変更 必要書類

免許の住所変更は代理人申請も可能ですが必要書類が異なるので要注意

引っ越したら自動車運転免許証の住所変更もしなくてはなりません。

必要な書類は、きっちり揃えて行って、無駄足をなくしたいですね。

運転免許証に記載されている住所の変更は「記載事項変更」という項目にあたります。

記載事項の変更には、住所の変更のほか、本籍の変更や氏名の変更もあります。

記載事項の変更の場合、住所変更と本籍・氏名変更のでは必要な書類が異なりますから気をつけましょう。

住所変更の場合に必要な書類は、次のうちから、いずれか1つ必要です。

  • 住民票(コピー不可)
  • 新住所の健康保険証
  • 消印付郵便物(消印のないダイレクトメールや年賀状は不可)
  • 住所が確認できる公共料金の領収証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

運転免許証の住所変更は、代理人が行うこともできます。代理人が手続きする場合に必要な書類は、都道府県によって異なりますが、主に2つのケースがあるようです。

  1. 代理人が申請者と同一世帯であると住民票で確認できる場合

    委任状が不要になる都道府県の場合、代理人が行う場合には、免許証記載本人の住所確認のために必要な上記の書類いずれか1つのほか、申請者と代理人が併記された住民票の写しと代理人の本人確認書類が必要書類です。

  2. 代理人が同一世帯の者であったとしても委任状が必要となる都道府県の場合

    免許証記載本人の住所確認のために必要な上記の書類いずれか1つのほか、申請者本人自書の委任状、代理人の本人確認書類が、必要な書類となります。

免許証の住所変更手続きをするときに、自分自身で手続きに出向くことができる場合には、どこの都道府県でも、ほとんど同じ書類が必要になるのですが、 家族や親族に手続きを頼む場合には、都道府県ごとに必要な書類が異なります。 あらかじめ確認してから、手続きに行くようにしたいものです。

住民票を移動させなくても、免許証の住所変更は可能?

免許証の住所変更手続きに、住民票は必ず必要というわけではありません。

新住所を証明する書類は、住民票のほか、どんなものが利用できるのでしょうか。

免許証の住所変更の際に新住所を証明する書類は、住民票の他、いくつかの書類が認められます。

東京都(警視庁)の場合では、住民票以外に下記のものが認められます。

  1. 新住所の健康保険証
  2. 消印付郵便物(消印のないダイレクトメール、年賀はがきを除く)
  3. 住所が確認できる公共料金の領収証
  4. 在留カード
  5. 特別永住者証明書

お住まいの都道府県によっては、住民票必須というところも少数ながらあるようですから、あらかじめ、確認してから用意するといいですね。

さて、ここでひとつ疑問。

住民票がなくても住所変更できるなら、住民票を移動させなくても、免許証の住所変更ができるのではないのでしょうか?

結論から言うと、上記の1〜5の書類で免許証の住所変更ができる都道府県なら、 住民票を移動させなくても、免許証の住所変更は可能です。

運転免許証と住民票は制度が異なり、連動しているわけではありません。

また、運転免許証は、自動車の運転資格についての免許であって、その人の住所を証明するものではないのです。 ですから、住民票を移動させなくても、免許証の住所変更ができてしまうのです。

しかし、現在では運転免許証は、本人確認書類のひとつとして、幅広く利用されています。

住民票の移動をせずに、免許証の住所変更だけする方は、単身赴任、一人暮らしの学生、長期出張などのケースが多いようですが、免許証を本人確認書類として利用するときには、細心の注意が必要と言えるでしょう。

追伸

免許証の住所変更に、住民票が必須である都道府県は、かなり少数派ですが、 どんな書類が、新住所の証明に使用できるのかは、都道府県によって異なります。 住所変更に出向く前に、確認して置くようにしましょう。 全ての都道府県で、住民票は住所証明書類に利用できますから、 住民票を用意してしまえば、何の心配もなく、住所変更届を出すことができます。