免許証 住所変更

免許証の住所変更の手続き場所や必要書類等についてまとめました。

引越したら免許証の住所変更も必要です。

手続きは居住地を管轄している警察署か運転免許試験場(運転免許センター)のどちらかですが警察署は平日のみの受付で昼休みもやっていない地方も。運転免許センターは日曜日は受付しているところが多いようですが、やっていない地方があります。

どうしても自分で手続きに行かれない場合は、代理人でも申請は可能です。

委任状の要不要、その他の必要書類も地方によって異なりますので、出かける前に必ず電話等で確認して1度で済むようにしましょう。

住所変更された免許証は即日交付(裏書)となります。料金は無料です。

免許証の住所変更手続きをしない場合、そのまま運転していても特に問題はないのですが、更新のお知らせはがきが旧住所に送付されることや、身分証明書(本人確認書)として利用できないといったデメリットがあります。また更新は旧住所にある警察署や運転免許センターで行う為、遠方であればわざわざ戻る必要があります。

このカテゴリの記事では免許証の住所変更の手続き場所や必要書類、タイミングやデメリット等についてわかりやすく解説しています。運転免許住所変更手続きの参考にして下さい。

免許証の住所変更手続き記事一覧

免許証の住所変更は、警察署か、運転免許試験場(運転免許センター)で行うことができます。更新手続きと違い、警察署で住所変更の手続きをしても即日交付になるため、最寄の警察署で手続きをする方も、多いようです。免許証の住所変更手続きは、警察署で行っても即日交付です。警察署ならどこでもよいというわけではなく、「住所地を管轄する警察署」の場合が多いようです。北海道などでは、一部の交番でも住所変更手続きができる...

引っ越したら自動車運転免許証の住所変更もしなくてはなりません。必要な書類は、きっちり揃えて行って、無駄足をなくしたいですね。運転免許証に記載されている住所の変更は「記載事項変更」という項目にあたります。記載事項の変更には、住所の変更のほか、本籍の変更や氏名の変更もあります。記載事項の変更の場合、住所変更と本籍・氏名変更のでは必要な書類が異なりますから気をつけましょう。住所変更の場合に必要な書類は、...

免許証の住所変更は、代理人に行ってもらうこともできます。代理人に手続を依頼する場合に、どんなことに気をつけたらいいのか、見てみましょう。代理人に免許証の住所変更を依頼する場合、必ず必要なものが「住所変更する免許証」です。これは全国共通で、どこの都道府県であっても変わりません。また、代理人本人の身分証明書も、必ず必要ですが、これも全国共通です。ところが、代理人であることを証明する書類については、各都...