車の輸送

陸送業者は手間や料金、効率などを考慮して選ぶ

遠方に引っ越す場合、自分で自動車を運転していくのは、ちょっと大変という方もいると思いますが、そんな時は、自動車陸送サービスを利用する方法もありますので検討してみてはいかがでしょう。。

自動車やオートバイの輸送をを行ってくれる業者は数多くあり、陸送専門業者のほか、多くの大手引越し業者も、有料のオプションサービスとして自動車の陸送を行っています。

例えば、アート引越しセンターや佐川、サカイ、アリさんマークの引越社などは、引っ越しのオプションサービスとして車両陸送を行っています。

クロネコヤマトや日通などは引越しのオプションという形ではなく、別途申込も可能なので、自動車の譲渡や旅行、帰省、長期出張など、引っ越し以外の様々な目的で利用することが出来ます。

いずれにしても車の輸送を行う引越業者の多くは、提携する陸送専門業者にサービス委託し、車両輸送は数台を混載させたキャリアカーやカーフェリーなどを利用して運んでいます。

このように、提携会社に委託して行うサービスのため、陸送専門業者より料金が若干割高になることがデメリットといえるでしょう。

また、車両陸送の専門業者の中には、自動車の輸送だけでなく、ナンバープレートの変更や車庫証明の取得など、車の引越し手続きの代行サービスを 行っている会社もあります。

自動車を陸送するような遠方への引越しなら、車検証の住所変更など様々なな手続きが発生しますから、、コストがかかっても手間を減らしたい人にとっては、1度の申し込みで輸送〜手続きまで済ませることが出来る便利なサービスといえるでしょう。

反対に引越し業者に依頼するメリットは、引越しの見積もりや手続きをあちらこちらに依頼せずに済み、効率的だという点です。

荷造りや転居前の手続きで忙しく、時間のない中、複数の引越し業者と価格交渉し、さらに車両陸送の専門業者選びに労力と時間を割かれるのは、 かなり大変なことだと思います。

手間や料金、時間、効率などを考慮して、あなたの条件に合った業者選びをしてください。

車の輸送を依頼する際の注意点

車の輸送を専門業者または引越し業者どちらに任せるにしても、いくつか注意点がありますが、一番重要なのは万一のトラブルに備えて、依頼前の車の状態を確認しておくことです。

  • 依頼前に車のキズや破<損状態のチェックは忘れずに

    万一の場合に備えて、車のキズ、破損、錆、変色など、外装、内装ともに輸送業者に依頼する前に細かくチャックしておきましょう。細かいキズなどは、輸送中の損害かどうか判断が困難な場合もありますので、念のため、写真を撮っておいた方がいいかもしれません。

  • 車内に荷物を積まない

    少しでも引越し費用を節約しようと、車内やトランクにも荷物を積みたい方もいると思いますが、車内に残された荷物は保障対象外になることが殆どですので、車内に荷物を残さないようにしましょう。万が一、貴重品や金銭が盗難・破損・不具合を起こしても、保障してもらえないので要注意です。

    車やバイクのガソリンについては、一般的に危険防止のため抜いておく必要があるといわれますが、業者がやってくれる場合もあるそうですし、ハート引越センターのように、輸送会社の拠点までスタッフが自走することもあるため、逆にガソリンを入れておくよう指示される場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

  • 到着日時を確認

    自動車の輸送は一般的にキャリアカーなどに複数の車を混載して運ぶため、業者の都合によっては、引越荷物より所要日数が長い場合が少なくありませんので、到着日時は事前に確認しておきましょう。転居先で直ぐに車を使いたい場合は、到着日時を逆算し、余裕をもって依頼するといいでしょう。