車庫証明 住所変更 必要書類

車庫証明に必要な書類は駐車場が自分の土地か賃貸かで異なる

車庫証明を取るために必要な書類は、駐車場(保管場所)が自分の土地、建物か、借りている駐車場かによって異なります。場所によっては、書式をダウンロードできる地域もありますから、警察署のホームページなど、見てみるといいですね。

必要書類<駐車場が自分の土地>

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 保管場所の所在図・配置図
  4. 保管場所使用権原疎明書面(=自認書)

必要書類<駐車場が賃貸>

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 保管場所の所在図・配置図
  4. 保管場所使用承諾証明書(または賃貸契約書の写し)

上記のどちらにも共通している1と2は、警察署で申請前に手に入れて書くことが可能な書類です。

車庫証明に必要な書類として、セットで配布されていますから、もらい忘れなどの心配はありません。

上記の3と4は、自分で用意する必要がある書類です。こちらも書式そのものは、警察署で配布されるセットに入っていますが、書かなければならない内容を把握しておくことが必須です。

3の「所在図」とは、保管場所の付近の道路及び目標となる物を表示したもので、
簡潔にわかりやすく書いた地図のことです。

使用の本拠(多くの場合、自宅)から、駐車場までの直線を書き込み、直線距離を記入します。

地図のプリントアウトやコピーは、著作権に抵触する恐れがあるので、避けましょう。

3の「配置図」とは、その駐車場内の、どの位置に車を止めているのかを示す図のことです。

配置図には、駐車場に接する道路の幅、駐車スペースの縦横のサイズを記入します。

4の保管場所使用権原疎明書面は、保管場所は自分の持ち物だと言うことを書き、署名押印したもの。 保管場所使用承諾証明書は、駐車場の番号などの位置と使用期間を明記した上で、 駐車場のオーナーなどが、「使用することを認めています」と証明した書類です。

車庫証明を申請するために必要な書類は、難しいものではありませんが、セットとして配布されているため、多くの場合、警察署に取りに行き、記入して、申請に出向く必要があり、面倒に感じる方が多いでしょう。