車庫証明 住所変更 費用

車庫証明取得にかかる費用は発行手数料や謝礼金、代行費用など

車庫証明は、引っ越して住所を変更したときに、車検証の住所変更をするために必要な書類ですが、発行してもらうために、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

車庫証明の発行手数料は、地域によって異なるようです。

車庫証明申請用と保管章(自動車に貼る保管場所のステッカー)発行用の印紙を購入する必要がありますが、どこの地域であったとしても、3000円で収まるようです。

車庫証明は、発行手数料のほか、費用がかかることもあります。

駐車場を借りている場合、保管場所使用承諾証明書(承諾書)を大家さんに書いてもらったときの謝礼、 車庫証明取得そのものを、行政書士やディーラーなどに依頼した場合の手数料などが、発行手数料以外の費用です。

大家さん等に承諾書を書いてもらったときの謝礼は、大家さん、不動産会社によって異なります。

不動産会社経由で依頼した場合には、月額料金が基準となって、駐車場代の半月分、1か月分、と言った形で請求されることが多いようです。

大家さんのご好意で、無料で発行していただける場合もあるようですが、中には、数万円請求されたと言う人もいます。承諾書を書いてもらうときの謝礼に対する基準はなく、法的な制約もないことから、「払って欲しい」と言われたら、払わなければ書いてもらえないというのが現状のようです。

車庫証明を行政書士やディーラーに依頼したときにかかる費用は、行政書士に依頼した場合で1万円〜1万5000円程度、ディーラーに依頼した場合で1万5000円〜2万円前後かかります。

車庫証明そのものを発行するために、警察署でかかる手数料は3000円以内で済むものですが、駐車場を借りていれば、承諾書の発行のために謝礼などがかかり、車庫証明の申請に、行政書士やディーラーへの依頼をすれば、1万〜2万円の費用がかかります。

つまり、車庫証明発行にかかる費用総額としては、3000円〜35000円くらい承諾書の謝礼によっては、もっと高額になってしまうこともあるようです。

車庫証明を行政書士やディーラーに依頼したときにかかる費用

車庫証明の発行手続きは、警察署に書類をもらいに出向いて、書類を準備して、警察署に書類を提出し、受け取りに出向くケースが多く、都合3回警察に出向く必要があり、平日に時間が取りにくい社会人では、ディーラーや代行業者に依頼するケースも多いようです。

車庫証明の発行手続きをお願いする代行業者は、行政書士。陸運局の前などに開業していることが多くみられます。最近では、ネットで検索して依頼することも可能ですから、利用すると、より便利でしょう。

一般的には、警察署への申請書作成、提出、受領の1セットで、1万円〜15000円のようです。

承諾書の取得も依頼すると、さらに謝礼のほか、行政書士への手数料も加算されます。

つまり、申請手数料3000円未満+行政書士への手数料+承諾書謝礼が、車庫証明発行にかかる費用、と言うことになります。

ディーラーに依頼した場合、ディーラーは取引のある行政書士に任せますから、行政書士にかかる手数料に、ディーラーの手数料が加算されます。

このため、ディーラーに依頼したときにかかる費用は、15000円〜2万円程度となり、行政書士に直接依頼するよりも5000円程度割り増しになると考えていいでしょう。

車庫証明は、特に難しい書類ではないのですが、平日に何回も警察に出向く必要があるため、平日の時間が取りにくい社会人にとっては、時間的に難しい書類のひとつです。

ディーラーや行政書士の代行業者に依頼した場合には、自分で申請するよりも1万〜2万円アップになってしまいますが、時間をお金で買うと割り切ってお願いしてしまうと、スムーズに申請ができ、便利でしょう。

時間がない方は、代行業者を検討することをオススメします。