車庫証明 取り方

車庫証明取得手続きの方法と手順

自動車保管場所証明申請については各警察署にお問い合わせはください

車庫証明は、ディーラーや行政書士などに依頼することもできますが、自分で取ってしまえば、安価で済みます。車庫証明の取り方を、順を追ってみていきましょう。

  1. 車庫を確認する

    自動車保管場所法上、車庫には4つの決まりがあります。

    • 道路上ではないこと
    • 車全体が入ること
    • 道路から簡単に出入りできること
    • 自宅から直線距離2km以内であること

    この4つを満たしていれば、車庫証明を取ることができます。

  2. 添付書類の書式を手に入れる

    車庫証明を申請するために必要な添付書類は、申請書一式の中に書式が入っています。

    ですから、警察署に申請書一式を購入しに行きましょう。

    地域によっては、ダウンロードで手に入れることもできるようです。

  3. 添付書類を準備する

    添付書類は、車庫が自分のものであるか、借りているものであるかによって異なります。

    自分のものである場合には、自認書を書けば済みますが、借りている場合には、承諾書を大家さんや不動産会社に書いてもらう必要があるので、依頼します。

    謝礼等の費用が必要になるケースもありますから、確認しておきましょう。

    親の土地を使用している場合には、親に承諾書を書いてもらいます。

  4. 申請書類を提出する

    申請書一式が出来上がったら、警察署に書類を提出します。

    窓口で、指定された金額の証紙を購入し、申請用紙に貼ります。

    車庫証明は、現地調査があるため、その場で車庫証明書が出ることはありません。

    申請すると、交付の日付を指定されますから、その日以降に取りに出向く必要があります。 一般的に、申請してから交付まで3〜5日程度かかります。

  5. 交付を受ける

    指定された日付以降に警察署に行き、車庫証明書と保管場所証票の交付を受けます。

    車庫証明書は陸運局への提出に使用し、保管場所証票は自動車の見易いところに貼り付けます。

車庫証明の取り方は、とても簡単ですが、時間と手間がかかります。

ちょこちょこ時間を作って自分で手続きすることが難しいのであれば、ディーラーや行政書士などに依頼してしまったほうが、確実でしょう。