車庫証明 住所変更

車庫証明の住所変更手続きに関する注意事項をまとめました

車庫証明は車の保管場所確保を証明する書類であり、自動車購入時だけでなく、引越して車検証の住所変更にも必要となる書類です。車庫がある地域を管轄している警察署が発行します。

車庫証明書は自分で手配することも可能ですが、警察署へ「申請書類をもらいに行く」「申請書類を提出しに行く」「車庫証明をとりにいく」で合計3回も出向く必要があります。

また車庫証明を添付してから陸運局や軽自動車検査協会へ車検証の住所変更でも出向くことを考えると、日中仕事がある社会人が自分で取得するにはかなり厳しいスケジュールと言えそうです。

もし自分で車庫証明を取得するなら、必要書類の中に大家さんや不動産屋に書いてもらう書類があり、謝礼や手数料が発生することを覚えておいて下さい。(稀に大家さんの厚意で無料の場合があるようですが・・・)

自分で手配する時間も手間も無い方は、ディーラーや行政書士に取得代行を依頼できますが、料金は自分で手続きするより1〜2万円多くかかります。

メンドウなので手続きをせず、そのまま住所変更手続きをしないで車に乗り続けるのは法律違反であり、保管場所届け出の違反で10万円以下の罰金が課せられます。

実際に課せられた人の話はあまり聞きませんが、変更手続きをしないことより、車庫を確保しないままでいることはかなり問題です。道路に青空駐車、大きさが合わない駐車スペースからはみ出して停めている等は取り締まり対象となりますので、絶対にやめましょう。

車庫証明の住所変更手続き記事一覧

車庫証明書とは、自動車の保管場所を確保していると言うことを証明する書類のこと。警察署に、保管場所の地図や配置図などを提出して、証明してもらいます。車庫証明書が必要になるのは、自動車を購入した時、引っ越して住所が変更になった時です。正式な名前を「自動車保管場所証明書」といい、証明書発行には、いくつかの条件があります。自動車の保管場所は、自分が所有している土地でも、借りている駐車場でも構いません。自分...

車庫証明は、ディーラーや行政書士などに依頼することもできますが、自分で取ってしまえば、安価で済みます。車庫証明の取り方を、順を追ってみていきましょう。車庫を確認する自動車保管場所法上、車庫には4つの決まりがあります。道路上ではないこと車全体が入ること道路から簡単に出入りできること自宅から直線距離2km以内であることこの4つを満たしていれば、車庫証明を取ることができます。添付書類の書式を手に入れる車...

車庫証明を取るために必要な書類は、駐車場(保管場所)が自分の土地、建物か、借りている駐車場かによって異なります。場所によっては、書式をダウンロードできる地域もありますから、警察署のホームページなど、見てみるといいですね。必要書類<駐車場が自分の土地>自動車保管場所証明申請書保管場所標章交付申請書保管場所の所在図・配置図保管場所使用権原疎明書面(=自認書)必要書類<駐車場が賃貸>自動車保管場所証明申...

車庫証明は、引っ越して住所を変更したときに、車検証の住所変更をするために必要な書類ですが、発行してもらうために、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。車庫証明の発行手数料は、地域によって異なるようです。車庫証明申請用と保管章(自動車に貼る保管場所のステッカー)発行用の印紙を購入する必要がありますが、どこの地域であったとしても、3000円で収まるようです。車庫証明は、発行手数料のほか、費用がかかるこ...

引っ越した後、車庫証明の住所変更をしないままにしておくと、どんな罰則があるのでしょうか。引っ越した場合には、車庫(自動車保管場所)が変わりますから、車庫証明を取り直し、陸運局に車検証の住所変更を申請する必要があります。もし、その手続きをしなかったとすると、自動車保管場所法では、保管場所の届出をしていないということで、10万円以下の罰金となることがあります。しかし、これらの法律が適用されて罰金を払っ...

車庫証明は、取ったら終わりではなく、車検証の住所変更や自動車の新規登録など、陸運局に提出する申請に添付する書類として利用されます。このため、有効期限が設けられており、注意が必要です。車庫証明の有効期限は、実は、陸運局によって若干異なります。国土交通省のホームページを見ると、車庫証明の期限は「発行後概ね1ヶ月以内」となっていますが、九州運輸局では「証明後1ヶ月以内」となっています。違いは『概ね』とい...

軽自動車の場合、車庫証明が必要ないと思っている方も多いのですが、人口10万人以上の都市の場合、車庫証明が必要になります。軽自動車の車庫証明は、厳密には保管場所届出です。届出をする必要があるのは、東京や大阪の中心から30km圏内にある市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市を使用の本拠としている場合です。普通乗用車が、陸運局への登録、変更前に車庫証明を取る必要があるのに対し、軽自動車の場合は、軽自動...