車検証 住所変更

車検証の住所変更手続きに必要な書類

引っ越して住所を変更したら、車の車検証の住所変更もしなくてはなりません。

車検証の住所変更は15日以内といいますが、変更しないとどうなるのでしょうか。

車検証は、法律で定められた車の身分証明書のようなもの。

所有者の住所、氏名の登録が義務付けられていますから、所有者が引っ越したら、住所変更の手続きをしなくてはなりません。 その変更は、変更事由(この場合引越し)があった日から15日以内と定められています。

さて、車検証の住所変更には、もちろん必要な書類があります。

下記の3点は、あらかじめ用意して持っていくものです。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車保管場所証明書(車庫証明書:警察署で発行されて1ヶ月以内のもの)
  3. 新住所を証明する住民票など(発行後3ヶ月以内のもの)

そして、陸運局・軽自動車検査協会で入手しなければならないのは、各種の申請書類。

車検証の住所変更申請書、手数料納付書、自動車税申告書の3点は、申請に出向いたときにその場で書きます。 陸運局・軽自動車検査協会で申請書を書く必要があるため、印鑑(認印)を持っていくことをお忘れなく。

車検証の住所変更の際、ローン支払い中やリース車の場合には委任状が必要です。

ローン支払い中の車やリース車は、所有者がクレジット会社やディーラー、リース会社などになっていることがほとんどです。

このような場合には、使用者として普段使用している人の住所氏名が記載されており、引っ越した場合には、使用者の住所変更となります。

車検証の記載事項変更は、所有者が申請するものと定められていますから、使用者が申請する場合には代理申請ということになり、 所有者であるクレジット会社やディーラー、リース会社などの委任状が必要となるのです。

車検証の住所変更には、車庫証明と住民票、ローン中なら所有者からの委任状が必要書類となります。ディーラーや販売店、代行業者などに手続きを依頼する場合には、あなたが手続きを依頼する委任状が必要になります。

様々なケースがありますから、どんな書類が必要になるのか、しっかり確認したほうが安心ですね。

車検証の住所変更手続きにかかる費用

車検証の住所変更手続きは、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

費用によっては、自分で手続きしたほうがいいかなと思う人もいるのではないでしょうか。

車検証の住所変更手続きは、手続きそのものにかかる費用は、とても少なく、変更手数料が350円、申請書交付料が県によって異なりますが100円程度です。

そして、ナンバーの変更がある場合には、ナンバー交付料が1500円程度かかります。

希望ナンバーを申請する場合には、別途5000円前後かかります。

つまり、ナンバー変更を伴わない住所変更なら、500円程度で済み、ナンバー変更を伴ったとしても、希望ナンバーを申請しなければ、2000円程度の費用で済むわけです。

車検証の住所変更手続きで、最も費用がかかるのは、実は代行料です。

代行料は、依頼する内容によって異なりますが、15000〜40000円程度の費用がかかります。

手続き代行を依頼することで、車検証の住所変更手続きの費用は、安くても2万円程度かかることになってしまうのです。

また、車検証の住所変更の必要書類である車庫証明発行にお金がかかる場合もあります。

駐車場を借りている場合、不動産会社経由で車庫証明の発行を依頼すると、手数料を請求されることが、一般的。金額は、不動産会社によって異なりますが、駐車料金1か月分、と言うところが多いようです。

車検証の住所変更にかかる費用の中で陸運局に収めるものは、ほんの2000円程度。

費用のほとんどが、代行料です。

時間を捻出して安く済ませるか、代行料を払ってやってもらうか、の2択と言う感じですね。