車検証 住所変更 委任状

委任状を発行するのは車の使用者ではなく車検証記載の所有者

車検証の住所変更は、免許証の住所変更と異なり、委任状が必要になる確率がかなり高くなります。

自分で行わず、業者に依頼する場合だけでなく、ローン中の車、リース車両の使用者が住所変更するときにも、所有者であるディーラーや業者などの委任状が必要となるためです。

車検証の住所変更手続きは、陸運局、または軽自動車検査協会に出向いて行う必要があるため、本来申請するべき所有者が、業者などに依頼して行ってもらうケースが、多く見られます。

本来申請するべき所有者が、業者など申請を依頼した人に対して、権限を与えることで、申請手続きができるようにする書類を「委任状」と言います。

一般的に、与える権限は「○○に関する権限」として、何の申請に関する権限を委任しているのかを明記し、委任者の署名と印鑑が必要です。

委任者の印鑑は行う申請によって異なり、実印が必要な申請もありますが、車検証の住所変更手続きの場合には、認印で大丈夫です。

委任状を発行する人は、車検証記載の「所有者」です。

ローン中の車やリース車両の所有者は、実際に使用している人ではありませんから、注意が必要です。

つまり、車検証記載の所有者が、自分であれば、自分で申請するなら委任状不要ですが、車検証記載の所有者が、ローン会社やディーラーなどであれば、自分で申請するとしても、ローン会社やディーラーの委任状が必要ということです。

車検証の住所変更申請の委任状例

委任状

受任者〜申請する人の(住所)(氏名)

上記のものを代理人と定め、下記自動車の(変更登録)申請に関する権限を委任します。

自動車登録番号又は車台番号(車検証記載の自動車登録番号又は車台番号を記載)

平成 年 月 日

委任者〜使用者の(住所)(氏名) 

※申請日と( )内を記入。

車検証の住所変更申請の委任状