車検証 住所変更 自分

車検証の住所変更は自分でも簡単に手続きできる(注意点もあり)

車検証の住所変更を自分で手続きする場合には、普通自動車なら陸運局、軽自動車なら軽自動車検査協会に行く必要があります。 管轄をまたいでの引っ越しの場合には、車のナンバーが変わるため、車を持ち込むことが必須となります。

自分で車検証の住所変更を行うときには、あらかじめ、必要書類を準備していくことが大事です。平日しか手続きすることができないため、書類が足りず、出直すことになると、とても面倒になるからです。

自分で手続きするときに必要な書類は、下記のとおりです。

  • 車検証
  • 住民票(発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 委任状(所有者の認印の押印があるもの)
  • 車庫証明書(発行日から概ね1ヵ月以内のもの)

車検証記載の住所から、現在の住民票上の住所までに複数回の引っ越しをしている場合には、複数枚の住民票、または戸籍の附票が必要になります。

まず、陸運局・軽自動車検査協会の窓口に行って、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書を入手します。 記入台に見本がありますから、見ながら必要事項を記入します。

次に、印紙販売窓口で、必要な印紙を購入します。

たいていの場合、何の申請に来たのかをいうと、必要な印紙を用意してくれます。

最後に、記入済みの申請書と印紙を窓口に提出して、変更済み車検証の交付を待ちます。

変更済み車検証の交付が済んだら、自動車税事務所等の税申告窓口に、自動車税・自動車取得税申告書と新しい車検証を提出し、税金の納付書が新しい住所に届くように手続きします。

ナンバープレートの返却は、陸運局によって、どのタイミングで行うのか異なります。

申請書入手するときに、きちんと確認しておくといいでしょう。

車検証の住所変更は、必要な書類を用意して、陸運局・軽自動車検査協会に行って行うのですが、行ってしまえば、難しいことはありません。

わからないことは窓口で教えてもらえますし、その場で手続きは完了します。

時間が取れるならば、自分で手続きすると、代行料の節約にもなりますね。